日常

解決しようと頑張らなくてよかったんだ。

最近ね、親と電話で話すと落ち込むことが増えたんだよね。

親って、だんだんと弱くなってくる。

昔は、誰よりも強くて元気な存在だったのに、

年齢を重ねるにつれて、

子供たちが独立して家を離れるにつれて、

小さくて、弱くて、心配な存在に、

私の中で変わって行ってた。

そんな両親が心配だから、電話もかけるんだけど、

電話をかけると、さらに不安なことを言われて、

もっと心配になる。

それで、せっかく話せたのに落ち込んだりしていたんだよね。

 

せっかく話せたのに、毎回落ち込むのって

なんでだろうって思ってたんだけど、

それって、

「なんとかしなきゃ。解決しなきゃ。」

という心の焦りが原因だったみたい。

「相談されたからには解決案を出さなきゃ。」

「私が役に立たなきゃ。」

そう思って、すごく焦ってた。

だけどね、

それって無理だし、

簡単に解決できることばかりでもない。

さらには、

私が押し入って行って解決するのが必ずしもいいことばかりでもないんだよね。

例えば、

両親は仲が悪かったけれど、

子供が独立してから仲が良くなったように、

子供が中に入らない方が夫婦でうまくいくこともある。

親の悩みも、

家族として共有してはおきたい。

知っておきたい。

 

だけど、

心配したり、焦ったり、解決しなきゃと思うよりも、

せっかく電話できたことを喜んだり、

一緒に近くにいるよってことを

伝えて安心する、それだけでもいいんだよね。

そういうことに自分で気が付いた。

 

役に立たない自分であることを許そうって

最近思えたのでした^^